農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

日本の伝統野菜や西洋の野菜を一番おいしいレシピで食べよう

ナス 米なす

米ナスバーガー/レシピ

投稿日:

米ナスバーガー

大きな米ナスの輪切りをはさんで作ったバーガーのレシピをご紹介します。米ナスがハンバーグの代わりなので、すごくヘルシーでダイエットに最適なバーガーです。

 

米ナス

米ナスはひときわ大きなサイズにグリーンのヘタが付いていて、すごく目立ちます。

米ナスの生い立ちはアメリカから入ってきたナスがはじまり。米ナスとはアメリカのナスという意味だったのです。

 

米ナス

鎌倉のレンバイ(鎌倉市農協連即売所)に売っていた米ナス。大きいので、かごから飛び出していました。

 

米ナス

米ナスのおすすめの食べ方はステーキ。輪切りにして片面に格子状の切込みを入れます。こうすることで火が通りやすくなります。

 

米ナス

フライパンにオリーブオイルを中火で熱し米ナスを炒めます。焼き色が付くまでじっくり火を通すことで、とろけるような食感になります。そんな米ナスのステーキを応用したレシピ、米ナスバーガーをご紹介します。

 

ベーコン米ナストマトチーズバーガー レシピ

米ナスのバーガーは米ナスを厚めにスライスするのがポイント。米ナスのとろける食感が堪能できます。

広告大

広告大

-ナス, 米なす

執筆者:

関連記事

白なす、シルクなす

白なす・トロなす・白長なす・シルクなす 基本の使い方とレシピ

白なす・トロなす・白長ナス・シルクなすは炒めるととろけるような食感が味わえます。しかし、白い皮は炒めるとたちまち茶色くなってしまい、残念なことに。そこで、今回は白なすの美しい皮の色をそのまま活かす調理 …

真黒なす

真黒なすの煮びたし

その昔、関東を中心に大人気のナスがありました。それが真黒なす。「まっくろなす」ではなく、「シンクロナス」と読みます。形は今どきのナスによく似ています。それもそのはずで、今どきのナスの片親がこの真黒なす …

ローザビアンカ(ロッサビアンコ)

ローザビアンカ(ロッサビアンコ) 基本の使い方とおすすめレシピ

ローザビアンカ(ロッサビアンコ)はイタリアの伝統野菜。紫に白の皮とグリーンのヘタというなんともイタリアらしい雰囲気を持っています。今回はそんなローザビアンカ(ロッサビアンコ)のおいしい食べ方をご紹介し …

「やきなす」という名のなす

やきなすを焼きなすで食べる。意味不明のことを言っているようですが、実は正しい日本語です。「やきなす」とは新潟県で作られているなすの名前。その名の通り焼きなすがおいしいなすです。 目次1 焼きなすとは2 …

小さなゼブラなすとミニトマトのマリネ

小さなゼブラなすとミニトマトのマリネ/レシピ

紫にしま模様のゼブラなすには小さいバージョンがあります。フェアリーテールやパープルクララという名前が付いた小さいゼブラナスはミニトマトと同じ位の大きさ。そんなかわいいナスとミニトマトで作るマリネのレシ …

プロフィール

宮崎 隆至
野菜ソムリエプロ
エディブルフラワーコーディネーター
日本の伝統野菜や西洋の野菜のレシピを数多くアップ。初めて使う野菜のトリセツとして好評を得ている。