農Pro いろいろな野菜の食べ方&レシピ

食べたことのない野菜の使い方をレシピでわかりやすくご紹介します

*

ハヤトウリの肉詰め レシピ

   

ハヤトウリの肉詰め

ハヤトウリは熱帯アメリカが原産のウリ科の野菜。アメリカやメキシコではおなじみの野菜として食べられています。そんなハヤトウリの地元で定番とも言える食べ方は中身をくり抜いて詰め物をするというもの。その食べ方を日本の家庭料理の味に置き換えて作ったハヤトウリの肉詰め。ひき肉とハヤトウリのジューシーなおいしさがたまりません!

 

ハヤトウリ

ハヤトウリ

日本でハヤトウリの食べ方と言えば漬物が定番ですが、アメリカやメキシコでは炒め物、スープ、サラダといろいろなメニューで食べられています。

ハヤトウリは大正時代に日本の鹿児島に入ってきました。その時にハヤトウリ(隼人の瓜)という名前が付きました。ハヤトウリはもともと熱い地域の野菜なので日本では鹿児島や沖縄で主に作られてきました。

ハヤトウリの肉詰め レシピはこちら

ハヤトウリの肉詰め

ハヤトウリを器のようにして作った肉詰め。それは、ひき肉の詰め物が主役でハヤトウリは脇役と思われそうです。しかし食べてみると意外にもハヤトウリが目立っていて、まさにハヤトウリが主役のお料理でした。ハヤトウリのシャリっとした食感が肉詰めの中にあって、これがすごくおいしいです。そしてハヤトウリの器の部分もやわらかくてまたまたおいしい。そんなところから、ハヤトウリの地元ではこの食べ方が定番だということが本当によくわかりました。

 - ウリ, ハヤトウリ

広告大

広告大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ハヤトウリのスープ
ハヤトウリのベトナムスープ レシピ

ハヤトウリは熱帯アメリカが原産の野菜。日本へは大正時代に伝わりました。それと時を …