農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

日本の伝統野菜や西洋の野菜を一番おいしいレシピで食べよう

その他 チャービル(セルフィーユ) ハーブ

チャービル(セルフィーユ) 基本の使い方とレシピ

投稿日:

チャービル(セルフィーユ)

料理の味を高めるハーブとしてフランス料理によく登場するチャービル(セルフィーユ)。その基本の使い方をレシピと合わせてご紹介します。

 

チャービル(セルフィーユ)について

チャービル(セルフィーユ)は甘くまろやかな香りが特徴のハーブで「美食家のパセリ」と称されています。ヨーロッパ中部からコーカサスが原産でセリ科シャク属の一年草です。

英語のチャービル[Chervil]はフランス語でセルフィーユ[Cerfeuil]、日本語で「ういきょうぜり」[茴香芹]という名前が付いています。

チャービル(セルフィーユ)を使った代表的なお料理には肉魚料理のトッピングやソース、オムレツなどがあります。また、フランスではスープが定番のお料理です。一般にチャービル(セルフィーユ)は加熱するお料理には向いていないと言われていますが、欧米では加熱調理したチャービル(セルフィーユ)のお料理が数多く見られます。

 

チャービルの使い方

  • パセリのようにトッピング

チャービル(セルフィーユ)のシンプルな使い方はパセリのようにトッピングすること。パスタやスープに散らすことでやさしくて繊細な香りと風味が楽しめます。

 

  • オムレツ

みじん切りにしたチャービル(セルフィーユ)を卵に混ぜてオムレツを焼きます。熱の加わるお料理ですが、チャービル(セルフィーユ)の香り漂う格調高いオムレツができます。葉っぱをそのままトッピングするのがポイントです。

 

  • 魚料理

ムニエルのソースにチャービル(セルフィーユ)のみじん切りを加えるだけでプロのようなお料理ができます。

 

  • ポタージュ

やはり熱が加わるお料理ですが、まさしくチャービル(セルフィーユ)のポタージュが出来上がります。

 

チャービル(セルフィーユ)のレシピ

チャービル(セルフィーユ)のオムレツ

チャービル(セルフィーユ)のオムレツ

チャービル(セルフィーユ)の繊細でやさしい香りがするオムレツです。かわいい形の葉っぱをトッピングするのが何と言ってもポイントです。

 

チャービル(セルフィーユ)のポタージュ

チャービル(セルフィーユ)のポタージュ

フランスでは定番、チャービル(セルフィーユ)のポタージュ。繊細でやさしい香りと風味に心が癒されます。そしてトッピングした葉っぱが何ともかわいいです。

広告大

広告大

-その他, チャービル(セルフィーユ), ハーブ

執筆者:

関連記事

タイム ハーブ

タイムでハーブドレッシング レシピ

古代から使われてきたハーブのタイム。その爽やかな香りには様々な薬効があるとされてきました。そんなタイムの香りを活かしてワンランク上のドレッシングを作りました。 タイムのドレッシングでサラダ 目次1 材 …

イタリアンパセリペースト

イタリアンパセリペースト レシピ

イタリアンパセリがたっぷりある時にはいつもペーストを作ります。日持ちするしいろいろなお料理に使えるのでとても便利です! 目次1 イタリアンパセリ2 材料3 作り方3.1 イタリアンパセリの生産者さん …

ディルピクルス

ディルピクルス レシピ

瓶に入った小さなキュウリ。どこかで見たことがあると思います。それがディルピクルスで西洋では定番のピクルスです。ディルピクルスというだけあって、ここではハーブのディルがすごい存在感です。 このディルピク …

ラビッジ

ハーブのラビッジ おいしい食べ方&レシピ

ラビッジ(ラベージ)は古くからヨーロッパで栽培されてきたハーブです。セロリに似た香りが特徴でサラダやスープによく使われます。 日本ではあまり知られていないハーブのラビッジですが、意外なことをラビッジの …

セージの素敵な香り サルティンボッカ レシピ

セージの素敵な香りサルティンボッカ by 農Pro 目次1 フレッシュなセージが手に入ったら絶対作りたい1.0.1 今日の生産者さん フレッシュなセージが手に入ったら絶対作りたい ローマに行ったことが …

プロフィール

宮崎 隆至
野菜ソムリエプロ
エディブルフラワーコーディネーター
日本の伝統野菜や西洋の野菜のレシピを数多くアップ。初めて使う野菜のトリセツとして好評を得ている。