チーマディラーパ(西洋菜花)のおいしい食べ方&レシピ

チーマディラーパ

チーマディラーパは地中海原産のかぶ。と言っても、かぶの根(本体)ではなく、葉、茎、つぼみの方を食べます。そのため、西洋菜花とも呼ばれています。

 

チーマディラーパはイタリアの菜の花ですが、その使い方は日本とはかなり違っています。定番のパスタやリゾットでは、チーマディラーパをクタクタになるまで煮込みます。それがイタリア流。こうすることで、本場イタリアの味に出会うことができるのです。

 

チーマディラーパのオレッキエッテ

チーマディラーパのオレッキエッテ
チーマディラーパの代表的な産地はイタリア南部のプーリア州。そして同じくプーリア州を代表する耳たぶ型のパスタがオレッキエッテ。同じ故郷を持つこの2つの食材はすごく相性がいいことで知られています。

チーマディラーパのオレッキエッテ

 

チーマディラーパのリゾット

チーマディラーパのリゾット

チーマディラーパのリゾット

イタリア野菜のチーマディラーパは菜花の仲間。でもイタリアでは日本の菜花とは全然違う食べ方をしています。そして日本の菜花とは全然違うおいしさがそこにはありました。そんな本場のおいしさが味わえるチーマディラーパでした。

チーマディラーパ

チーマディラーパが売っていた鎌倉のレンバイ

チーマディラーパ

レンバイ(鎌倉市農協連即売所)へのアクセス