エンダイブ 基本の使い方とレシピ

エンダイブ

エンダイブはほろ苦い味が特徴のサラダ野菜。そしてフリルの付いた長細い葉っぱが独特な雰囲気を醸し出しています。今回は鎌倉のレンバイ(鎌倉市農協連即売所)で買ってきたエンダイブを使い、エンダイブのおしゃれなサラダのレシピをご紹介します。

エンダイブについて

エンダイブ

鎌倉のレンバイ(鎌倉市農協連即売所)で売られていたエンダイブ

エンダイブは地中海沿岸地域東部が原産のキク科の野菜です。「ニガチシャ」という名前で呼ばれる苦みが特徴です。

エンダイブは古代エジプトやギリシャの時代から栽培されてきた長い歴史を持つ野菜です。16世紀にはヨーロッパに広く分布し、後にアメリカに渡り広まりました。日本には明治初年に入ってきましたがあまり普及しませんでした。

エンダイブ 基本の使い方

エンダイブ

エンダイブのシャキッとした食感を活かすには、サラダがおすすめです。エンダイブのサラダはレタスと同じように食べやすい大きさにちぎりドレッシングと和えて作ります。

エンダイブは苦みが強いのでマイルドな食材と組み合わせてソフトな雰囲気にするのがポイント。今回は茹で卵とミニトマトをチョイスしました。味だけでなく見た目もマイルドでかわいくなりました。そしてドレッシングは赤ワインビネガーのコクを活かしたヴィネグレットドレッシングでエンダイブのいい苦みを引き出しています。

エンダイブのサラダ ソースヴィネグレット レシピ

エンダイブサラダ

Cpicon エンダイブサラダ☆ソースヴィネグレット by 農Pro