フェンネル餃子レシピ

生産者は野菜の食べ方もよく知っていたりします。先日、生産者の直売で売っていたフェンネルの袋に「餃子がおいしい」と書いてありました。フェンネルは豚肉ととても相性がいいので餃子がおいしいという。全く想像がつかないフェンネル餃子を早速作ってみることにしました。フェンネル餃子

材料25個分

  • フェンネル(葉っぱと茎) 100gフェンネル
  • 豚ひき肉 200g
  • 餃子の皮 25枚
  • 酒 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • 塩、コショウ 少々

作り方

  1. フェンネルの葉っぱと茎は粗みじん切りにする。フェンネルのみじん切り
  2. ボウルに豚ひき肉を入れ、酒、醤油、ごま油、塩、コショウを加え、よく混ぜる。さらに1のフェンネルを加え、よく混ぜる。
    豚ひき肉
    豚ひき肉とフェンネル
  3. 餃子の皮の縁に水を付けたら、適量のあんを乗せヒダを寄せながら閉じ合わせる。フライパンにサラダ油少々を中火で熱し餃子の半量を並べる。1分位したら餃子が1/3位浸るように湯を入れ蓋をする。水分がなくなってきたら蓋を取り、サラダ油少々を餃子の上から垂らす。焼き目が付いたらできあがりです。餃子を焼く

コツ・ポイント

あんが残ってしまったら肉団子を作ってスープに入れると、おいしいです。

今回のレシピでは葉っぱと茎だけを使いました。使わなかった鱗茎(根元の膨らんだ部分)はサラダやスープに使ってください。すごくおいしいですよ。


 

フェンネルはどうやって食べたら良いのかわからない人が多いと思います。でも使い方は意外と簡単で日本の家庭料理にもいろいろと使えます。もしフェンネルが売っていたらぜひ買ってお料理に使ってみてください。