農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

日本の伝統野菜や西洋の野菜を一番おいしいレシピで食べよう

サトイモ セレベス

フライドセレベス レシピ

投稿日:2015年2月2日 更新日:

DSC_9336

Cpicon フライドセレベス by 農Pro

DSC_9328

上の写真はセレベスの親芋です。まん丸くて大きい。これも里芋ですが、普通、里芋でイメージするものとはだいぶ違うと思います。

IMG_2974

こちらはセレベスの子芋。里芋で思い浮かべるのはこちらの方ではないでしょうか。
土の中の里芋は、まず中心に親芋があって、その周りに子芋ができ、さらに孫芋ができるという、外からは見えませんが地中ではファミリーができあがっています。さて、里芋にはたくさんの種類があって、子芋、孫芋を食べる品種、親芋を食べる品種、そしてどちらも食べられる品種と分かれています。スーパーで普通に売っている里芋は子芋、孫芋を食べる品種がほとんどです。京芋(たけのこ芋)という大きくてたけのこみたいな里芋がありますが、これは親芋を食べる品種です。八つ頭というゴツゴツしたちょっとグロテスクな形の里芋がありますが、これは親芋の周りに子芋がくっついたまま離れない品種です。そして今回登場のセレベスは親芋も子芋も孫芋も食べられるという品種です。

セレベスは里芋なのにヌメリがほとんどないホクホク系。だからコロッケがおすすめ。そしてもうひとつのおすすめがフライドセレベスです。

フライドポテト型に切って塩こしょうをまぶし、さらに片栗粉を全体にまぶしてからカラッと揚げる。外側はカリッと、そして中は熱々でホクホク。ほんのりしたセレベスの甘みが感じられてすごくおいしい。セレベスが手に入ると必ず作りたくなるやみつきのレシピです。

広告大

広告大

-サトイモ, セレベス

執筆者:

関連記事

越前さといものころ煮

越前さといものおいしい食べ方&レシピ

越前さといものモッチリ感が蜜のような煮汁と絡み合う 越前さといもは福井県の奥越エリア(大野市・勝山市)で古くから作られてきた在来種の里芋。地元では奥越里芋と呼ばれ家庭料理の中でよく登場する野菜です。 …

ずいきの煮物

ずいき 基本の煮物/レシピ

ずいきの煮物はだしの旨みとシャキッとした食感が本当においしいです。そんなずいきのおいしさを引き出すための下処理から絶妙な味付けまで。初めてずいきをお料理する人にもおいしく作れます。   目次 …

京芋の煮物

京芋(たけのこ芋)基本の使い方とおいしい食べ方

京芋(たけのこ芋)は里芋の仲間。一般的な里芋と違ってとても大きいのが特徴です。今回はそんな京芋の基本の使い方と京芋ならではのおいしさが堪能できるレシピをご紹介します。   目次1 京芋(たけ …

野菜の皮やヘタで作ったお料理 レシピ

お料理をすると、野菜の皮やヘタなどの生ゴミが出ます。この野菜の皮やヘタにはファイトケミカルが豊富に含まれています。ファイトケミカルとは野菜や果物が自分を守るために備わっている成分のこと。 目次1 ファ …

里芋の親芋コロッケ

里芋の親芋 基本の食べ方とおすすめレシピ

鎌倉のレンバイに行くと普通の里芋といっしょにその親芋がよく売られています。この大きな親芋を見るのは初めてという人も多いことと思います。そこで今回は一般にはあまり知られていない親芋の食べ方をおすすめレシ …

プロフィール

宮崎 隆至
野菜ソムリエプロ
エディブルフラワーコーディネーター
日本の伝統野菜や西洋の野菜のレシピを数多くアップ。初めて使う野菜のトリセツとして好評を得ている。