長インゲンのイタリアンパスタ/レシピ

長インゲンのパスタ

大磯町のカウベルファームさんから珍しいインゲンを送ってもらいました。それはイタリアの長インゲン。普通のインゲンと同じように使えそうですが、イタリアの長インゲンだから、やっぱりイタリアンで食べたい。ということで、今回はイタリア流に作ったインゲンのパスタをレシピとともにご紹介します。

 

長インゲン

イタリアの長インゲン。長いことを除けば、形は普通のインゲンと同じなので普通に使えそうです。ちなみにイタリアには普通の長さのインゲンと長いインゲンがあります。

 

長インゲンを茹でている

イタリアのレシピを調べるとインゲンの茹で方が日本とは全然違うことがわかりました。それは茹で時間です。日本ではせいぜい2分位ですが、イタリアでは10分以上も茹でていました。これではクタクタになってしまいますが、これがイタリア流なのです。それと長インゲンは切らずに長いまま入れていたので、真似してみました。

 

長インゲンのイタリアンパスタ レシピはこちら

長インゲンのイタリアンパスタ

グリーンの長インゲンと赤いトマトが入ったパスタはイタリアそのものといった雰囲気です。作り方はとてもシンプルで野菜のおいしさをそのまま活かすというもの。これがイタリアンです。

長いままの長インゲンはクタクタになるまで茹でているのでパスタみたいに食べれます。そしてトマトとの相性がすごくいい。そこに定番のバジルが加わわりイタリアンなテイストいっぱいのパスタが出来上がりました。