農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

日本の伝統野菜や西洋の野菜を一番おいしいレシピで食べよう

キノコ 生きくらげ

プリプリの生きくらげは酢の物が一番おいしい

投稿日:

生きくらげの酢の物

上の写真に写っている黒いツルツルしているもの。これが生きくらげ。中華料理でおなじみのきくらげと同じですが、新鮮な生のきくらげはこんなに肉厚でプリプリしています。今回はそんな生きくらげのプリプリなおいしさが一番よくわかるレシピを2つご紹介します。

ところできくらげってクラゲの仲間?

残念ながらクラゲの仲間ではありません。では何の仲間でしょう。なんとキノコの仲間だったのです。こんなにツルツルでプリプリがキノコとは変な感じがします。

きくらげみみちゃん

栃木のともちゃん農園さんから届いた「きくらげみみちゃん」。初摘みのプリプリ生きくらげです。パッケージがすごくかわいい!

プリプリ生きくらげの酢の物 レシピ

キュウリとワカメの酢の物は定番ですが、ワカメではなく、生きくらげで作ると印象が全然変わります。生きくらげのプリプリ感とキュウリのシャキシャキ感が生み出す素晴らしい調和。本来目立っていいはずの茹でタコも、なんだかどうでもいい存在になってしまいました。

 

コツ・ポイント

湯を沸かし生きくらげを20秒湯通ししたら冷水に取り、その後細く切りますが、やや太め(5ミリ)に切ることで肉厚のプリプリした食感が出せます。

 

プリプリ生きくらげの冷やし中華 レシピ

生きくらげの冷やし中華

続いてご紹介するのが生きくらげの冷やし中華。中華料理によく登場するきくらげですが、なぜか冷やし中華には入れてもらえませんでした。でも生きくらげを入れたら絶対においしい、とひらめいて作ったのが生きくらげの冷やし中華のレシピです。

コツ・ポイント

生きくらげの酢の物のレシピと同じで生きくらげは太めに切るのが何と言ってもポイントです。

広告大

広告大

-キノコ, 生きくらげ

執筆者:

関連記事

きくらげピクルス

きくらげのピクルスレシピ

きくらげは中華料理によく登場しますが、今回はきくらげをピクルスにしてみました。きくらげがこんなにもピクルスに合うとは! そんな意外なおいしさをご紹介します。 目次1 甘酸っぱーい! きくらげピクルス1 …

白いきくらげのデリ風サラダ

白いきくらげ 基本の使い方とレシピ

毎年、生きくらげを送ってくれる栃木のともちゃん農園さんからなんと「白いきくらげ」が届きました。初めて見る白いきくらげ。本当に白くてびっくりです。なにしろ初めての食材なのでどう料理すればよいのかわかりま …

塩なめこ

いろいろ使える万能! 塩なめこ/レシピ

なめこの旨みがギュッと凝縮された塩なめこはいろいろなお料理にパッと使える便利さ。そしてこれまで知らなかったなめこのおいしさに出会うことができます。   きのこにはグアニル酸という旨み成分が含 …

生きくらげのレシピ プルンプルン!カルパッチョ

生きくらげはプルンプルンの食感が持ち味。そのおいしい食べ方をレシピとともにご紹介します。 生産者さんから送ってもらった採れたての生きくらげ。耳によく似た形をしています。ところで、きくらげとは何ものなの …

なめこのみぞれ鍋

なめこのみぞれ鍋 レシピ

寒い冬においしいのがなめこ。なめこ汁で食べるとからだの中から温かくなってきます。そんななめこのおいしさを鍋で味わってみましょう。なめこと相性のいい大根おろし、そして豚肉と長ネギというシンプルなみぞれ鍋 …

プロフィール

宮崎 隆至
野菜ソムリエプロ
エディブルフラワーコーディネーター
日本の伝統野菜や西洋の野菜のレシピを数多くアップ。初めて使う野菜のトリセツとして好評を得ている。