農Pro 鎌倉野菜のレシピとレンバイ情報

野菜ソムリエプロが教えるレンバイの歩き方と鎌倉野菜のレシピ

*

金時草 基本の使い方とレシピ

   

金時草の酢の物

金時草は葉っぱの表が緑で裏が紫の美しい野菜です。そんな金時草の美しさが活きるレシピである酢の物をご紹介します。また、金時草のゆで汁で簡単に作れるゼリーのレシピも合わせてご紹介したいと思います。

金時草ゼリー

 

金時草とは

金時草

金時草は葉の表がグリーンで裏は紫、と鮮やかなコントラストが持ち味の野菜です。茹でるとほどよいぬめりが出てくる性質を持っています。

金時草は熱帯アジアが原産で日本には18世紀に伝わりました。その後各地に伝わっていくわけですが、土地によって違う名前のまま現在まで受け継がれています。金時草というのは石川県に伝わる呼び名。熊本県では「水前寺菜」、愛知県では「式部草」、沖縄県では「はんだま」と呼ばれています。

 

金時草の美しい酢の物と茹で汁で作るゼリー レシピはこちら

今回ご紹介するのは金時草の定番のお料理とも言える酢の物のレシピです。そして、ピンクに染まった金時草の茹で汁で作るきれいなゼリーのレシピも合わせてご紹介します。

金時草の酢の物と、そのゆで汁のゼリー。どちらも金時草の美しい色が活きています。そして美しさと同時に独特の風味も味わえることと思います。

 - キンジソウ

広告大

広告大

  関連記事

関連記事はありませんでした