農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

日本の伝統野菜や西洋の野菜を一番おいしいレシピで食べよう

ウリ マクワウリ

まくわうり 基本の使い方&レシピ

投稿日:

まくわうり

明るい黄色がまぶしいマクワウリ。まさに夏がぴったりと言えそうです。今回はそんなマクワウリの基本の使い方とおすすめのレシピをご紹介します。

 

古くから食べられてきたマクワウリ

マクワウリは南アジアが原産のウリ科キュウリ属の野菜。日本へは縄文時代早期にすでに伝わっていました。そしてマクワウリの交配からプリンスメロンやアンデスメロンが誕生したのでメロンの元祖と呼ばれています。

 

マクワウリの食べ頃サイン

マクワウリの食べ頃サイン

マクワウリが食べ頃なのは完熟した時。その見分け方は上の写真のようにマクワウリの上の部分かおしりの部分に輪が現れた時です。ということは上の写真のマクワウリのほとんどはまだちょっと早い、というわけです。

 

マクワウリ

もうひとつ食べ頃の目安をご紹介します。それはお尻の部分に弾力が感じられ甘い香りが漂ってきたら食べ頃サインというものです。もしお尻の部分がまだ固く甘い香りが漂っていない時は、冷蔵庫に入れず常温で追熟させるようにします。こうすることでマクワウリがおいしくなったところで食べることができます。

 

マクワウリのおいしい食べ方

マクワウリ

マクワウリは食べ頃になったところで冷やして生で食べるのが何と言ってもおすすめです。また、熟していないマクワウリの場合は漬物や煮物、炒め物といろんなお料理に使うこともできます。

 

マクワウリの保存方法

完熟したマクワウリは冷蔵庫の野菜室に入れなるべく早く食べてください。なお、まだ完熟していないマクワウリは冷蔵庫にいれてしまうと追熟しなくなってしまうので常温で追熟させてから冷蔵庫に入れる、というのが正しい保存方法です。

 

マクワウリのおすすめレシピ

Cpicon 本当にマクワウリだけで作ったシャーベット by 農Pro
マクワウリのシャーベット

広告大

広告大

-ウリ, マクワウリ

執筆者:

関連記事

ハヤトウリのスープ

ハヤトウリのベトナムスープ レシピ

ハヤトウリは熱帯アメリカが原産の野菜。日本へは大正時代に伝わりました。それと時を同じくしてベトナムにも伝わり現地ではスースーという呼び名でおなじみの野菜です。そんなベトナムで食べられているスースーのス …

ハヤトウリの肉詰め

ハヤトウリの肉詰め レシピ

ハヤトウリは熱帯アメリカが原産のウリ科の野菜。アメリカやメキシコではおなじみの野菜として食べられています。そんなハヤトウリの地元で定番とも言える食べ方は中身をくり抜いて詰め物をするというもの。その食べ …

プロフィール

宮崎 隆至
野菜ソムリエプロ
エディブルフラワーコーディネーター
日本の伝統野菜や西洋の野菜のレシピを数多くアップ。初めて使う野菜のトリセツとして好評を得ている。