農Pro 鎌倉野菜の使い方&レシピ

鎌倉野菜が大好きな人のためのレンバイ情報&レシピ

*

餅菜で作る名古屋のお雑煮レシピ

      2016/03/31

餅菜は名古屋のお雑煮になくてはならない葉物野菜として古くから伝えられてきました。そんな伝統の名古屋雑煮をできる限り忠実に再現したレシピをご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

レシピはこちら
Cpicon 名古屋のお雑煮 by 農Pro

名古屋のお雑煮は江戸時代、尾張徳川家から続く伝統のお雑煮です。その内容は質実剛健な武家の生活を今に伝えるもの。だし汁でお餅をやわらかくなるまで煮たら餅菜を入れるというシンプルなもの。写真にはかまぼこが入っていますが、正統な名古屋雑煮にはかまぼこなんかありえないそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

名古屋雑煮はこれほどシンプルなのにすごくおいしい。江戸時代ならともかく、豊かな時代になってもこのシンプルなお雑煮が続いているのはなぜか。それは餅菜という葉もの野菜がすごくおいしくて、他の具材が入り込む余地がなかったのではないか。

餅菜は小松菜に近い葉もの野菜。でも実際に食べてみると小松菜とは全然違うことに気が付きます。軸がやわらかいのが特徴で煮汁が染み込んだ軸のおいしさは今どきの小松菜には絶対に真似のできないところです。

このすばらしいおいしさの餅菜も今や作る人が少なくなってきているという。年末になると名古屋のスーパーには餅菜がずらりと並ぶそうですが、餅菜と称して今どきの小松菜を置いている店もあるという。昔の餅菜はおいしかった、なんて声も聞かれるらしい。餅菜のおいしさをいつまでも伝えてほしいものです。

 - モチナ

広告大

広告大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした