練馬スパゲティーとは レシピ

DSC_9306


Cpicon 練馬スパゲティーとは by 農Pro

練馬区民しか知らない練馬スパゲティーって

練馬スパゲティーとは練馬大根を使ったパスタのことで、練馬区のオリジナル学校給食メニューです。練馬大根とは現在の練馬区付近で江戸時代から作られてきた大根の品種です。それにしてもなんで練馬大根なの? 普通の大根じゃだめなの?

練馬大根でないとだめです!

DSC_9303

練馬大根は昭和の時代までその生産量をどんどん増やしていったという。しかし、昭和30年代になるとだんだんと作られなくなってきてしまいました。なぜ、江戸時代からずっと愛されてきた練馬大根が作られなくなってしまったか。それは首が細く真ん中が膨らんでいるという練馬大根の特徴的な形が引き抜くのに大変だったことがその原因の一つです。そして、練馬大根は地面に向かって下へ下へと伸びていく性質も生産者泣かせでした。

神奈川を代表する野菜の一つだった三浦大根も練馬大根と全く同じ理由で市場から消えていきました。現在、日本中のスーパーで大根と言えば「青首大根」のことを指します。首の所が緑色で上からしたまで寸胴。作りやすくて抜きやすい。その上、地面の上に伸びてくれるのも生産者さんにやさしい大根というわけです。

昔から人々の生活とともに作られてきた伝統野菜がどんどん少なくなり消えつつあります。中には絶滅してしまった品種もあり、それはもう二度と食べることができません。練馬大根も今やほとんど作られなくなってしまいましたが、練馬区とJAがその伝統の火を絶やさないように、様々な取り組みを行っているそうです。その一つが練馬大根を使った給食メニューの練馬スパゲティーです。

練馬スパゲティーは練馬大根を使わなくてはいけない理由がおわかりいただけましたでしょうか。練馬区の農産物直売所で売っているので、ぜひ本物の練馬スパゲティーを作ってみてくださいね!

今日の生産者さん

神奈川県茅ヶ崎市 茅の和農園 市川慎一郎さん

市川さんの野菜はここで売っています!

鵠沼有機野菜直売所 毎週水曜日 10:00am〜11:30am 毎週土曜日 9:30〜12:00