農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

日本の伝統野菜や西洋の野菜を一番おいしいレシピで食べよう

カブ

乳酸発酵させて作るカブの千枚漬けレシピ/ジップロックで簡単に作れる!

投稿日:

千枚漬け

京都の漬物である千枚漬けには作り方が2種類あります。それは千枚漬けの老舗の作り方と一般家庭の作り方です。同じ千枚漬けなのに作り方が全然違っています。そこで今回は老舗の作り方である乳酸発酵させる千枚漬けのレシピをご紹介します。

 

乳酸発酵の千枚漬け

千枚漬けの本場京都の老舗の作り方を調べたところ、その多くは酢を使わず乳酸発酵させて作っていることがわかりました。老舗の千枚漬けの酸味は酢によるものではなく乳酸発酵によるものだったわけです。

ただ、ご家庭で乳酸発酵の千枚漬けを作るというのはちょっと難易度が高そうです。そこで今回のレシピでは難易度の高そうな乳酸発酵の千枚漬けを身近なものを活用して誰にでも簡単に作れるようにしてみました。

 

乳酸発酵させて作る千枚漬け レシピはこちら

千枚漬け

コツ・ポイント

乳酸発酵させるにはほどよい温度が大切です。その温度とは20℃~25℃位。冬場の室温とだいたい同じくらいです。

私はジップロックをタオルで包んで保温性を高めたり温度が低くならない場所に置いたりして乳酸発酵がしやすい環境を作るようにしています。

乳酸発酵

常温で漬け始めてから2~3日で中に気泡が現れます。そしてさわやかな香りがしてきたら乳酸発酵が進んでいます。ほどよい酸味になったところで容器に移し替え冷蔵庫で保存して早めにお召し上がりください。

 

広告大

広告大

-カブ

執筆者:

関連記事

京こかぶのカルパッチョ

京こかぶのカルパッチョ レシピ

京野菜の京こかぶはフルーツのような甘さとサクサク感。そんな京こかぶのおいしさが味わえるおしゃれなカルパッチョのレシピです。   目次1 フルーツみたいな京こかぶ2 京こかぶの皮は厚く剥くのが …

かぶの間引き菜

かぶの間引き菜 基本の使い方とレシピ

かぶを栽培するときに行う間引きという作業。小さなかぶを抜いて、後に残ったかぶを成長させます。鎌倉のレンバイに行くとこの間引き菜が手に入ります。今回はそんな間引き菜で作ったおすすめのお料理をレシピでご紹 …

カブのマッシュグラタン

ミラノかぶのマッシュグラタン レシピ

世界の国々にはその土地ならではのお料理があります。カブのお料理も日本と西洋ではだいぶ違っていて、西洋ではカブをマッシュして食べることが多いんです。そこで今回はミラノカブというイタリア野菜を使って作った …

京こかぶの寿司サラダ

京こかぶのSUSHI-SALAD レシピ

カブは世界各地で作られていますが、日本のカブは特においしいと言われています。日本の中でも、各地にその土地ならではのおいしいカブがあります。今回選んだカブは京都の京こかぶです。そのおいしさが一番よくわか …

津田かぶの浅漬け レシピ

目次1 漬け物で有名な伝統野菜、津田かぶ1.0.1 今日の生産者さん 漬け物で有名な伝統野菜、津田かぶ 津田かぶは島根県松江市の津田地区で江戸時代から作られてきた伝統野菜です。津田かぶのもとになったの …

プロフィール

宮崎 隆至
野菜ソムリエプロ
エディブルフラワーコーディネーター
日本の伝統野菜や西洋の野菜のレシピを数多くアップ。初めて使う野菜のトリセツとして好評を得ている。