農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

日本の伝統野菜や西洋の野菜を一番おいしいレシピで食べよう

エディブルフラワー セニョリータ ナス パプリカ ベゴニア ペンタス ミニ水ナス"ごちそう"

フルーツパプリカ セニョリータをかわいく食べよう!

投稿日:2015年10月9日 更新日:

フルーツパプリカのセニョリータは小さくてかわいい! そして赤と黄色にオレンジと色までかわいい!! 今回はかわいいセニョリータをもっとかわいくお料理にしてみました!フルーツパプリカセニョリータ

フルーツパプリカ セニョリータの肉詰め

フルーツパプリカセニョリータの肉詰めフルーツパプリカ セニョリータのかわいい形をそのまま活かしてひき肉のタネを詰め、とろけるチーズを乗せて焼きました。シンプルな材料だけで作った肉詰めですが、思わず笑顔が出てしまう、そんなおいしさです。Cpicon フルーツパプリカ セニョリータの肉詰め by 農Pro

フルーツパプリカ セニョリータとミニ水ナス”ごちそう”の素揚げにんにくソース

フルーツパプリカセニョリータとミニ水ナス"ごちそう"の素揚げにんにくソースフルーツパプリカセニョリータのかわいい形を活かして丸ごと素揚げにする、というアイデアがフェイスブックのお友達から寄せられました。早速にんにくソースと絡めるというレシピを参考に作ってみました。今回はミニ水ナスの”ごちそう”も加えてキュートな野菜のコラボが誕生!フルーツパプリカセニョリータとミニ水ナス"ごちそう"

素揚げにした野菜をにんにくソースと絡めるというレシピはみんなのきょうの料理(NHKエデュケーショナル)揚げピーマンのにんにくソースを使わせてもらいました。

このレシピに出てくるピーマンをフルーツパプリカセニョリータに置き換えて作りました。

串でヘタに穴を開け180℃の油で揚げます。途中でひっくり返しながら、3~4分したら油を切り、にんにくソースと絡めます。

フルーツパプリカセニョリータ

フルーツパプリカセニョリータ

フルーツパプリカセニョリータ

ミニ水ナス”ごちそう”はヘタを切り落とし半分に切ったら皮に切れ目を入れます。水ナスはアクが少ないので水に浸けなくても大丈夫です。

ミニ水ナスごちそう

ミニ水ナスごちそう

後は切り口が色付くまで揚げて、にんにくソースと絡めます。

ミニ水ナスごちそう

ミニ水ナスごちそう

素揚げのセニョリータに絡むにんにくソースがすごくおいしい。セニョリータのフルーティーなのおいしさがよくわかるお料理です。そして、ミニ水ナス”ごちそう”の方はさらにおいしい! 果肉に染みたオリーブオイルのニンニクソースとよく締まった水ナスの食感がすばらしいです!


 

小さくてキュートなフルーツパプリカセニョリータはすごくかわいい! そんなセニョリータはお料理を明るく華やかにしてくれます。おもてなしのお料理にきっと喜ばれると思いますよ。


フルーツパプリカ セニョリータとミニ水ナス”ごちそう”は滋賀県高島市みのり農園さんから送ってもらいました。

みのり農園バナー

みのり農園さんのFacebookページ

滋賀県高島市 みのり農園さんから野菜が届きました!

 

 

広告大

広告大

-エディブルフラワー, セニョリータ, ナス, パプリカ, ベゴニア, ペンタス, ミニ水ナス"ごちそう"

執筆者:

関連記事

泉州水なすのサラダ

泉州水なすのおいしい食べ方&レシピ

泉州水なすは大阪の泉州地域で古くから伝えられてきた伝統野菜です。この泉州水なすは普通のなすの形をしていますが生で食べることができるのが最大の特徴。そこで今回は泉州水なすでおしゃれなサラダを作ってみまし …

セロリの花のサラダ

セロリのお花をエディブルフラワーとして使ったサラダのレシピ

野菜のセロリには小さなお花が咲きます。清楚で可憐なセロリのお花はエディブルフラワー(食べられるお花)としても使うことができます。今回はそんなセロリのお花を使ってサラダを作りました。 清楚で可憐なセロリ …

鎌倉野菜のマーボーひもなす

マーボーひもなす/レシピ

鎌倉野菜のレンバイ(鎌倉市農協連即売所)で売っていたひもなすの基本の使い方をレシピとともにご紹介します。今回のお料理はマーボーひもなす。ひもなすのとろけるような舌触りが味わえます。   目次 …

白なす、シルクなす

白なす・トロなす・白長なす・シルクなす 基本の使い方とレシピ

白なす・トロなす・白長ナス・シルクなすは炒めるととろけるような食感が味わえます。しかし、白い皮は炒めるとたちまち茶色くなってしまい、残念なことに。そこで、今回は白なすの美しい皮の色をそのまま活かす調理 …

サラダカブもものすけ

サラダカブもものすけ 基本の使い方とレシピ

鎌倉のレンバイで「もものすけ」という名前のカブを見つけました。皮が桃のようにずるりと剥けるのが「もものすけ」の由来。 鎌倉のレンバイで売っていた「もものすけ」(左)   もものすけに切れ目を …

プロフィール

宮崎 隆至
野菜ソムリエプロ
エディブルフラワーコーディネーター
日本の伝統野菜や西洋の野菜のレシピを数多くアップ。初めて使う野菜のトリセツとして好評を得ている。