農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

日本の伝統野菜や西洋の野菜を一番おいしいレシピで食べよう

タイム ハーブ

タイムでポークの香草焼き レシピ

投稿日:2015年3月17日 更新日:

フランス料理によく使われるハーブのタイム。その高貴な香りがお料理を引き立ててくれます。そんなタイムを気軽に使って簡単で本格的お料理を作ります。

タイム

タイム

タイムでポークの香草焼き

オリーブオイルにタイム、ニンニク、レモン汁を加え豚肉を1時間マリネします。そして後は焼くだけのシンプルにして本格的な一品です。

材料

  • タイム 1枝
  • 豚ロース肉 200g
  • オリーブオイル 大さじ2
  • にんにく ひとかけ
  • レモン 半分
  • 塩 少々
  • 粗挽き黒コショウ 少々

タイムの小さな葉っぱを枝から取ります。枝を指でつまんで、しごくようにするのがコツ。

IMG_3652_2

タイムの葉っぱの外し方

 

オリーブオイルにタイムの葉っぱ、みじん切りにしたニンニク、レモンの絞り汁を入れて混ぜてマリネ液を作ります。マリネ液はこんなに簡単!

豚ロース肉はまずスジ切りをします。赤身と脂身の間にスジがあるので、2〜3センチ間隔で垂直に包丁を入れてスジを切ります。これをやらないと、焼いた時に豚肉が反ってしまいますのでご注意ください! スジを切ったら次に一口大に切ります。

一口大に切った豚ロース肉をマリネ液に浸けて塩を振ります。待つこと1時間、豚ロース肉をタイムの高貴な香りと風味が包みこみます。

タイムを入れたマリネ液に豚肉を浸ける

マリネ液に豚肉を浸ける

 

マリネ液をそのまま使って豚ロース肉を焼きます。タイムのすばらしい香りがキッチンに広がります。

IMG_3654_2

豚ロース肉を両面焼く


 

豚ロース肉の香草焼きができあがりました。肉の表面はタイムの風味とカラッとした食感、そして中はジューシー。普通の豚肉が特別な豚肉に変身します!

ポークの香草焼き

ポークの香草焼き

高貴な香りのタイムをお料理に使うとなると、どうしても難しく考えてしまい、苦手に思ってしまうかも。でも、まずは簡単に使ってみましょう。そうすればタイムの魅力が実感できます。そして、いろいろなハーブにも興味がわいてくるかも。ハーブをお料理に使うと、お料理の幅が広がり、まわりからもお料理が上手になったと思われるはずです。ぜひハーブを身近なものにしてくださいね。

西洋野菜、伝統野菜、ハーブが入ったPOCO A POCO FARM野菜セット

広告大

広告大

-タイム, ハーブ

執筆者:

関連記事

イタリアンパセリペースト

イタリアンパセリペースト レシピ

イタリアンパセリがたっぷりある時にはいつもペーストを作ります。日持ちするしいろいろなお料理に使えるのでとても便利です! 目次1 イタリアンパセリ2 材料3 作り方3.1 イタリアンパセリの生産者さん …

アップルミントのスムージー

アップルミントの素敵な使い方&レシピ

アップルミントの甘い香りが漂うスムージーを作ってみました。フレッシュなアップルミントさえあれば身近な材料で作れます。そんなアップルミントのヘルシーな使い方をご紹介します。 リンゴのような甘い香りがする …

ディルピクルス

ディルピクルス レシピ

瓶に入った小さなキュウリ。どこかで見たことがあると思います。それがディルピクルスで西洋では定番のピクルスです。ディルピクルスというだけあって、ここではハーブのディルがすごい存在感です。 このディルピク …

ラビッジ

ハーブのラビッジ おいしい食べ方&レシピ

ラビッジ(ラベージ)は古くからヨーロッパで栽培されてきたハーブです。セロリに似た香りが特徴でサラダやスープによく使われます。 日本ではあまり知られていないハーブのラビッジですが、意外なことをラビッジの …

チャービル(セルフィーユ) 基本の使い方とレシピ

料理の味を高めるハーブとしてフランス料理によく登場するチャービル(セルフィーユ)。その基本の使い方をレシピと合わせてご紹介します。   目次1 チャービル(セルフィーユ)について2 チャービ …

プロフィール

宮崎 隆至
野菜ソムリエプロ
エディブルフラワーコーディネーター
日本の伝統野菜や西洋の野菜のレシピを数多くアップ。初めて使う野菜のトリセツとして好評を得ている。