農Pro 鎌倉野菜のレシピとレンバイ情報

野菜ソムリエプロが教えるレンバイの歩き方と鎌倉野菜のレシピ

*

つくしのおいしい食べ方&レシピ

      2018/04/05

つくし丼

つくしは春を感じさせてくれる季節の食材です。今回はつくしの調理方法とおすすめのレシピ2種類をご紹介します。

 

つくし

 

つくしの下ごしらえ

つくし

つくしを食べるには、まず下ごしらえから。茎の途中にある袴を取ります。簡単に取ることができますが、数が多いので大変です。時間はかかりますが、茎が折れないように、やさしく取るのがポイントです。

 

つくしを茹でている

鍋に湯を沸かし、少量の酢と塩を入れます。そして袴を取ったつくしをサッと茹でたら冷水に取ります。

 

つくし

その後、2~3回水を変えてアクを取り除きます。

 

春のつくしご飯 レシピ

つくしご飯

峠の釜めしの土鍋で炊き込みご飯を作りました。下ごしらえは本当に手間のかかる作業ですが、ご飯が炊きあがり蓋を開けた瞬間、かわいいつくしの頭とピンクに色付いた茎が目に飛び込んできて、そんな苦労を忘れさせてくれます。

 

基本のつくし卵とじ レシピ

 

つくしのお料理の中で最もよく知られているのが卵とじです。下ごしらえまでは炊き込みご飯と同じで、後はすごく簡単。ぜひ食べてもらいたいメニューです。

つくし卵とじ


 

つくし

鎌倉のレンバイ(鎌倉市農協連即売所)で売っていたつくし

一年の中でわずかな期間だけしか食べることのできない食材のつくし。下ごしらえは本当に手間がかかりますが、できあがったお料理には格別なものがあります。そんなつくしのすばらしさを味わってもらえたらと思います。

 

 - ツクシ

広告大

広告大

  関連記事

関連記事はありませんでした