農Pro 鎌倉野菜の使い方&レシピ

鎌倉野菜が大好きな人のためのレンバイ情報&レシピ

*

有機農園つ・む・ぎ通信 2015年4月7日

      2015/05/15

基調講演③ 農薬が子どもの脳に及ぼす影響と予防原則 脳神経科学者 黒田洋一郎氏
「子どもに健康な土と食べ物を!」をテーマに3月7日に開催された日本有機農業研究会の大会・総会からピックアップしてご報告しています。3つめの基調講演は表題の通りで、前回少しお伝えしました。脳はヒトの様々な行動を司っているので、脳の中で情報伝達をする神経が複雑に張り巡らされていて、それら脳神経が正常に動くためには数多くの化学物質が必要です。もしもそれらに似た人工的な化学物質が脳に入ってくると神経伝達が正常にできなくなり、障害につながります。現代社会には人工的な化学物質があふれていて、農薬もそうです。特に有機リンやネオニコチノイドと言われる殺虫剤が、子どもの発達障害(多動症・学習障害・アスペルガー症候群・高機能自閉症など)の原因になっていることが、脳神経科学の研究からようやく分かってきました。
私にとって「農薬=危険」は当たり前なので、「え?ようやく分かってきたの?」と思いますが、農薬の毒性は遅発性なので証明しずらいそうです。確かに、一般的に事例を並べて感情的に危険を感じるのと「証明する」のとは全く違い、膨大な時間やデータと専門的知識が必要ですものね。とはいえ、繰り返しになりますが、日本は狭い国土・農地で単位面積あたりの農薬使用量が世界一というデータがあって、発達障害と診断される児童の数も世界で一番多いというデータがあるというのです。これは原因研究が遅れたからだと黒田さんも認めています。
2012年、EUはミツバチに毒性の強いネオニコチノイド系農薬を禁止し、さらに欧州食品安全機構はネオニコチノイド系農薬が発達障害の原因になる可能性を認め、予防原則的な規制を提案しています。確か予防原則とは、安全性が証明されないなら使用を留保または禁止するという考え方。でも日本は、危険性が“証明”されないうちは規制しない国です。国民の健康や命より経済優先だからでしょうか。黒田さんは「有機農業の普及は日本の食料問題や地方の活性化に関わるだけでなく、日本人の脳の健康に強く影響を与えると考えられる」と結んでいます。日本でも予防原則から農薬を規制してほしいですし、農薬・化学肥料・除草剤等を一切使わない有機農業がもっともっと広がってほしいと切に願います。
本日のお野菜 9品

人参 600g
大根 500g
里芋 360g
ゴボウ 300g
キャベツ 1個分
かぶの抜き菜 300g
青梗菜 200g
菜花(白菜、小松菜、かぶなどの菜花) 300g
薩摩芋 400g
●蕪の抜き菜

DSC_0870

(葉が黄色くなるのが早いので、優先的にお使い頂くか、塩をするなり茹でるなり下ごしらえをお願い致します。)2月下旬にトンネルをして蒔いたカブもようやく間引きをするまでに生長しました。寒暖の差が激しくて、途中寒さで葉が白く傷んだりしましたが、その後の暖かさでグンと伸びました。まだ小さい蕪の部分も根元からタワシでこすればキレイになるので葉と一緒にお使い下さい。糠漬けや浅漬け(そのままの長さでもよいですが、5cmくらいに切ってから塩で漬けると簡単です)、塩をまぶしながら板ずり(まな板の上でごろごろ)してさっと絞ればすぐ食べられます。板ずりしたものを刻んでご飯にのせたり混ぜたりして菜飯も美味しいです。おひたしや汁の実や炒めものなども普通の青菜としてどうぞ。

●チンゲンサイ(青梗菜)カブや小松菜同様、2月下旬蒔き、露地トンネル栽培です。まだ小さいですが間引きながらお届けします。小さくて柔らかいので丸ごと料理してもいいかも??
●サツマイモ中には硬かった(>_<)というお声もあり本当に申し訳ありません。。。少し色が黒ずんで甘さが抜けた感じだけど、食べてますヨ☆とおっしゃって下さる方もいて、感謝です。料理法では、油で揚げたり、甘く煮たり、マッシュしてサラダやコロッケにしたり、皆さん工夫して下さっていて、ありがとうございます!!特に、油で素揚げるとダメなものが出ないのは不思議。。。私は皮を剥いて乱切りにして素揚げ・塩を振って食べたり、千切りにしてケンピにしたりもしました♪芋ケンピは教えて頂いて、久しぶりに作ったのですが、とても美味いです☆千切りにしたら、低温の油で20分程ゆっくりじっくり、カリカリになるまで揚げれば出来上がり。皆さんもぜひお試しください^0^
●人参長らくお届けしてきた冬越しの人参も、葉が茂りトウも伸び始めてきたので残りの全量を収穫し葉を切り落として土に生けて保存しています。ただ、時期的に状態は劣化の一途、傷みやすいです。軽い傷みは取り除いてお届けしていきますが、見過していたり、冷蔵庫に入れておいても傷んでしまうものがあるかもしれません。できれば土(雑菌もいるので)をタワシで洗って乾かしてポリ袋に入れて冷蔵庫に入れれば日持ちが良くなるかと思います。でも傷んで使えなかった時はどうぞお気軽にお伝え下さいね。
●キャベツ今冬の厳しい寒さで外側から葉が溶けてしまい、剥いて小さくなったものが多いです。組み合わせて1個分(800g以上)でお届けしますね。
●大根

DSC_0876
 
晩生の品種でミニサイズになってしまいましたが、味はまぁまぁ、ちょっと硬めなので、薄め・小さめの切り方でお願いします。首の部分は寒さで傷んでしまい切り落としました。葉は別にお入れしています。
●ゴボウ「大浦」という直径10cm程まで太くなりスが入りますが、柔らかく香りや味が濃い品種です。スの部分は切り落としてお使い下さい(多めにお入れしています)。久しぶりに根菜のカポナータ(トマト煮込み)を作りました♪ご飯にもパンにも合い、温かくても冷たくても美味しいです☆
根菜のカポナータ・・・材料の種類や量は参考までに、あるものでどうぞ。玉ねぎは長ネギの白い部分で代用できますよ。
【材料】玉ねぎ1個・人参(中)1/2本・ゴボウ15cm・さつまいも200g・大根200g・れんこん100g・しいたけ6g・トマトホール500g・ローリエ1枚・オリーブ油、塩適量・パセリ
【作り方】①玉ねぎは厚めにスライスする。人参、大根、レンコンはいちょう切り。ゴボウは斜め切りにする。さつまいもは1.5cm角に切る。②鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎ、人参を炒める。しんなりしてきたらローリエを加える。③しいたけ、レンコン、ゴボウ、大根の順に炒め合わせる。④トマトホールを入れて10~20分間煮込み、塩で味を調える。⑥鍋のまま冷ます。⑦器に盛って、みじん切りのパセリを散らす。(クッチーナベジターレ:野菜が主役 冷たい料理と温かい料理より)

有機農園つ・む・ぎ 井上 昌代

 - その他 , , , , ,

広告大

広告大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

壬生菜の漬け物 レシピ

壬生菜はもともと水菜だった! 壬生菜(みぶな)・水菜(みずな)、呼び方が似てます …

根津智子
アクティブ野菜ソムリエ 根津 智子さん

山梨県山梨市で「旬の野菜教室」を開き野菜の魅力を伝えているアクティブ野菜ソムリエ …

フェンネルとトマトのパスタ
フェンネルとトマトのパスタ レシピ

フェンネルとトマトのパスタは簡単に作れてレストランみたいな雰囲気が出せます。フェ …

踏込温床
有機農園つ・む・ぎ野菜セット7/17発送分

つ・む・ぎ通信 2015年7月17日 梅雨の長雨が、ようやくようやく途切れて、久 …

有機農園つむぎ野菜セット
有機農園つ・む・ぎ通信2015年5月12日

つ・む・ぎ農園には4月から、新しいバイト君が来てくれています☆戸塚将也くん、26 …

EMIKA
ベジフルフラワーアーティストEMIKAさん

ベジフルフラワーアーティストとして野菜・果物の新たな魅力を発信するEMIKAさん …

紅心大根とルッコラのお花のサラダ
甘くてピリ辛? 紅心大根とルッコラのお花のサラダ レシピ

大根の中でずば抜けてキュートな紅心大根。まあるい形の中を切ると赤いのが特徴です。 …

フライドセレベス レシピ

フライドセレベス by 農Pro 上の写真はセレベスの親芋です。まん丸くて大きい …

中島香代子
薬膳コンシェルジュ中島香代子さん

薬膳のプロが作る野菜が主役のお料理  薬膳コンシェルジュの中島香代子さんに有機農 …

赤オクラを赤いまま食べるには

赤オクラを茹でたら緑になっちゃった! これじゃあ、赤オクラの意味がなーい! もう …