農Pro 鎌倉野菜のレシピとレンバイ情報

野菜ソムリエプロが教えるレンバイの歩き方と鎌倉野菜のレシピ

*

有機農園つ・む・ぎ通信2015年5月12日

      2017/11/16

つ・む・ぎ農園には4月から、新しいバイト君が来てくれています☆戸塚将也くん、26歳の若者です^0^背が高くほっそりした、今のところ色白さん(これから日焼けすると分かりません^^)ですが、機敏な動きに、力もあり、持久力もあり、意外にも農業向き♪体力仕事も全く息が上がらないので、感心しきりです。しかも、覚えがいい◎農作業初心者なのに、クワもスコップも、最初から板についた感じの上手さ。スコップは使ったことがあったそうですが、クワは初めて触るというのに、ちょっと教えただけで一発合格!これは本当にビックリなことで、普通の人はクワは使い慣れないと結構難しいのです。すでに熟練のようなクワさばきに、ウチの父などは「たいしたたまげた屋根屋のふんどし」、と表現していました(^^;)他の作業も飲み込みが早くて、一度教えればすぐマスターするしスピード感もあり、私としては本当に有難い、これぞ即戦力です。性格は真面目で控えめ、無駄口がないので、これまた素晴らしい!!おしゃべりで手が止まったりする心配は全くなく、サボっちゃえ~ということもなく、安心して作業を任せられます。

ところで戸塚君は、藤沢市善行の自宅からなんと自転車で通ってきます。1時間半から2時間くらいかかるそうです。朝5時半に出て、7時半前には着いて、8時から12時まで4時間作業。その後また自転車で帰っていきます。これが週2回なので続くのかもしれませんが、それにしてもすごい。やっぱり体力ありますね。電車は苦手で自転車・バイクが好きということなので、夏になったらバイクで、と私なら思いますが、バイクは持っていないそうな。(どなたか乗らないスクーターなどあって、譲ってもいいよ~という方がいらっしゃったらお声かけて頂けますでしょうか??)

さて、戸塚くんとのご縁ですが、以前通信でご紹介した「ホームレス農園」という本がきっかけです。著者の小島希世子さんが藤沢で取り組んでいる自身の活動を紹介している本ですが、その一つは、職を求めているホームレス・生活保護受給者・ニートなどの人たちに農作業体験をしてもらい、方や人手不足の農家さん(特に地方の)に相性や条件があえば紹介しようというもの。いわば、「職と食を結びつける」という活動です。

私は地方の大農家でもないのでダメ元で小島さんにメールをしてみたら、お電話下さって、先ずは私が藤沢へ小島さんに会いに行くことになり、今年の2月11日に訪問しました。この時は、つ・む・ぎ野菜のお客様で二宮町町議になられた一石さんも興味があるとのことで、ご一緒しました。活動のお話から私が求めている人のタイプや条件など色々お話する中で、小島さんが、たぶんピッタリの子がいるので今度農園見学に一緒に行きますね、とおっしゃってくれました。そして2月末、小島さんが連れてきてくれたのが戸塚くんでした。その後、3月初めから週2回のペースで体験に来てくれて、4月からはバイト君として、今に至っています。私にとってはこんなに良い出会いが待っていたなんて、今思うと、ダメ元で一抹の不安もありましたが一歩踏み出してみて良かったなぁと思います。戸塚くんも、大学卒業後4年間は仕事をしていなかったそうですが、今はウチの農園と、知り合いの電気工事屋さんでもバイトをしているそうで、彼にとっても良い一歩になればいいなと願っています。

有機農園つむぎ野菜セット

5月12日発送の有機農園つ・む・ぎ野菜セット

 

本日のお野菜

  • 小松菜 350g小松菜
  • かぶ 700gかぶ
  • 春菊 150g春菊
  • キャベツ 1個キャベツ
  • 長ネギ 300g長ネギ
  • 絹さや 400g
  • スナップえんどう 200g絹さやとスナップえんどう
  • キャベツ 春キャベツ初収穫です♪不織布のベタ掛けをしていますが、それでも青虫君にモリモリ食べられ、食害・糞害が多少なりとあります。できるだけ虫そのもの&糞汚れを落としてお入れしていますが、よく見てよく洗って下さいね。よろしくお願い致します。4月の朝日クッキングサークルより、美味しそう~!なレシピご紹介しますね☆

春キャベツとささ身のハチミツレモンあえ

【材料】(2人分)春キャベツ1/4個・鶏ささ身2本・レモンの皮1/2個分・塩少々

≪レモン汁1個分・ハチミツ大さじ1と1/2・薄口しょうゆ大さじ2・粗びき黒コショウ少々≫

【作り方】❶キャベツはざく切りにする。ささ身は塩を加えた熱湯に入れ、火を止めて5分ほどおく。取り出して粗熱がとれたら手でさく。❷レモンの皮は内側の白い部分をそぎ落とし、千切りする。 ❸ボウルに①と②、混ぜ合わせたを加えてさっくりあえ、器に盛る。

  • 春菊 間引き菜ですが、だいぶ丈が伸びてきたので根と硬い茎は切り落としました。でも間引き菜故に大きさが不揃いなので硬い茎が残っているかもしれません。手で触って硬そうなら手で折れるところでポキっと折ると良いです(その分、少しだけ増量。) 全体的には柔らかく独特の苦みも薄いので、生でサラダにもどうぞ。

春菊のサラダ

熱したごま油をジャっとかけるだけなのに、ごま油と春菊の独特の風味がどちらもマイルドになって生なのに食べやすくなります。ごま油をそのままかけても、つけながら食べても美味しいですが、熱してかけると美味しさアップ♪柔らい部分だけを摘んでお皿に盛って、フライパンにごま油を熱して、春菊に回しかけます。ジャっという音がして白い煙がうっすら立ち、いかにも食欲をそそりますヨ☆

  • サヤエンドウ 一瞬のピーク中なので、洪水のようなお届けになっております。茹でてそのまま食べても良し、胡麻和えや白和えも良し、柔らかいので生から炒めても大丈夫です。私の実家はサヤエンドウを油炒めして卵でとじる料理が定番中の定番です。簡単で彩りも良く美味しいのでモリモリ食べられます。ちょっと太り気味のものは茹でてから炒めたりもします。

サヤエンドウの豆腐マヨネーズ和え

豆腐(少し水切りをしておくと良い)をつぶしてマヨネーズを加えて混ぜ、茹でたサヤエンドウを和え、塩で味を調えます。豆腐マヨネーズ=卵の代わりに豆腐でつくったマヨネーズ、ですが、豆腐とマヨネーズを混ぜても美味しいです^^サヤエンドウは茹でたら水がしっかり切れるまで置いておくと、和えて時間が経っても水分がでないのでベター。また、茹で上がり熱々のうちに先に塩を振り混ぜて下味をつけておくとコクのある和え物になります。

  • カブ あやめ雪という紫と白のツートンカラーの蕪と、白いカブ、2種類です。まだ柔らかいので、生でサラダでも、塩もみやお漬物でも良いですし、汁物・煮物や、フライパンでソテー(カブのステーキ)など、色々お使い下さい。葉をつけたまま保存するとカブが劣化するので、切り落として先にお使い下さいね。葉は普通の青菜として、茹で菜・漬け菜・汁の実など、何にでも使えます。

ネットストアバナー

 

 

 - 有機農園つ・む・ぎ, 生産者

広告大

広告大

  関連記事

POCO A POCO FARM野菜セット
西洋野菜・伝統野菜・ハーブのPOCO A POCO FARM野菜セット2015.5.6

POCO A POCO FARMの野菜セットの箱を開けるといつも驚きがあって本当 …

POCO A POCO FARM野菜セット
POCO A POCO FARM野菜セット 2015.4.21

今回のPOCO A POCO FARM野菜セットには、なんとルタバガの菜の花が入 …

POCO A POCO FARM野菜セット
西洋野菜、伝統野菜、ハーブのPOCO A POCO FARM野菜セット2015.5.27

日本ではなかなか手に入らないヨーロッパの野菜に加え、ハーブ、エディブルフラワーと …

POCO A POCO FARM野菜セット
POCO A POCO FARM野菜セット

今週はトマトがいよいよ登場しました。トマトはスーパーの野菜売り場で一年中売ってい …

POCO A POCO FARM野菜セット
西洋野菜・伝統野菜・ハーブのPOCO A POCO FARM野菜セット2015.4.29

春というよりも初夏を思わす陽気です。しかし野菜にとって本格的な春はこれから。そん …

有機農園つ・む・ぎセット
有機農園つ・む・ぎ通信 2015年3月27日(金)

小児科医 真弓定夫先生の講演「生命力を高める自然流食育」を聴いて ~3・7日本有 …

POCO A POCO FARM野菜セット
ポコ・ア・ポコ・ファーム野菜セット

今回も見て楽しめる野菜が盛りだくさんの内容です。4種類の色も形も様々なレタス、紫 …

有機農園つ・む・ぎ井上昌代
有機農園つ・む・ぎ

有機農園つ・む・ぎの井上昌代さんは神奈川県中郡二宮町で平成13年から農業を営んで …

POCO A POCO FARM野菜セット
ポコ・ア・ポコ・ファーム野菜セット

今回はなんと17種類もの野菜を入れてきてくれました。おなじみの西洋野菜から日本の …

POCO A POCO FARM
POCO A POCO FARM

当農園の「POCO A POCO」とは、スペイン語で「少しずつ」とか「ゆっくりと …