農Pro 鎌倉野菜の使い方&レシピ

鎌倉野菜が大好きな人のためのレンバイ情報&レシピ

*

つる菜のおいしい食べ方&レシピ

   

つる菜はくせがなくて、使いやすい野菜です。だからいろいろなお料理に使えて何かと便利。一度使ってみると、その良さがわかります。

つる菜

つる菜

つる菜は英語でNew Zealand spinach(ニュージーランドのほうれん草)と呼ばれている。また沖縄では「ハマほうれん草」と呼ばれている。ただ、そうは言っても、つる菜はほうれん草の仲間ではありません。

そんなつる菜はほうれん草と同じように使うことができます。一押しのレシピはお浸しです。

つる菜の基本のお浸し

つる菜のお浸し

つる菜にはほうれん草と同じシュウ酸が含まれています。シュウ酸は水溶性なので茹でることで少なくします。

つる菜

つる菜

冷水に取って絞ったら調味料に漬けるだけ。

つる菜

つる菜とベーコンのソテー

つる菜とベーコンのソテー

ほうれん草みたいに、つる菜とベーコンを炒めます。やはりシュウ酸対策で茹でてから炒めるようにします。

つる菜とベーコンのソテー

ほうれん草みたいに使えるつる菜。見た目もほうれん草みたいですが食べてみると、かなり違います。シャキッとした歯ごたえが特徴でくせがなくてどんなお料理にも合いそう。ぜひ一度使ってみることをおすすめします。きっとまた使いたくなる、そんなつる菜でした!

鎌倉のレンバイでつる菜を買いました

つる菜

レンバイに売っていたつる菜

今回、お料理に使ったつる菜は鎌倉のレンバイ(鎌倉市農協連即売所)で買いました。最初から食べやすい大きさだったので包丁を使うことなくお料理が作れてすごく使いやすかったです。

 

 

 

 - ツルナ

広告大

広告大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした