農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

日本の伝統野菜や西洋の野菜を一番おいしいレシピで食べよう

カラシナ 高菜

雲仙こぶ高菜のおいしい食べ方&レシピ

投稿日:2015年1月8日 更新日:

雲仙こぶ高菜ならではのおいしさ

Exif_JPEG_PICTURE

雲仙こぶ高菜で作った高菜漬けは最もシンプルな作り方をしました。雲仙こぶ高菜はもともとやわらかくてアクが少なくおいしさが際立っているので、とてもおいしい高菜漬けを簡単に作ることができました。

雲仙こぶ高菜とは

雲仙市で種苗店を営んでいた峰眞直氏が戦後に中国から種を持ち帰り、改良、選抜してできた高菜です。茎のこぶが特徴の雲仙こぶ高菜はアクが少ないので生でも食べることができます。そのおいしさから全国に広まっていったという。

Exif_JPEG_PICTURE

おいしさには定評があった雲仙こぶ高菜ですが、収量性が悪さと、こぶがあるという特異さから市場から消えていきました。

絶滅したと思われていた雲仙こぶ高菜。その種を雲仙こぶ高菜の生みの親である故峰眞直氏の妻キミエさんが大切に保管していたという。折しも地元では雲仙こぶ高菜の復活に向けてプロジェクトチームが結成されていました。長い年月を経て幻の雲仙こぶ高菜は復活を遂げることができたのです。

Exif_JPEG_PICTURE

油との相性が良く、オイル蒸しで食べるのもおすすめ。茎のところがやわらかく甘みがあってとてもおいしい。


 

かつて、人々から愛されていた野菜も時代の流れとともにその多くは姿を消していきました。残念なことに絶滅してしまい、今はもう食べることができない品種もあります。雲仙こぶ高菜の復活はまさに奇跡と言えます。

広告大

広告大

-カラシナ, 高菜

執筆者:

関連記事

イタリア野菜の花束サラダ レシピ

目次1 イタリアの野菜の美しいサラダ1.1 カステルフランコ1.2 バリエガータキオッジャ1.3 セルバチコ1.4 スカーレットフリル1.4.1 今日の生産者さん イタリアの野菜の美しいサラダ イタリ …

高菜の古漬け

高菜の古漬け/作り方

高菜漬けには浅漬けと古漬けがあります。短い時間漬けるだけの浅漬けに対して古漬けは120日以上と長期に渡って漬け込みます。こうすることで乳酸発酵が始まり深い味わいが生まれます。そんな高菜の古漬けを身近な …

プロフィール

宮崎 隆至
野菜ソムリエプロ
エディブルフラワーコーディネーター
日本の伝統野菜や西洋の野菜のレシピを数多くアップ。初めて使う野菜のトリセツとして好評を得ている。